Get the Facts: The U.S. Equities Market

資本形成の重要な原動力であり、雇用創出と経済成長の基盤となる。

1

米国株式市場は、金融上の好機とコスト削減を生み出す重要なソースとなっています。

アメリカ国民の半数以上が直接的又は間接的に市場に投資しています。

過去20年間で、米国株式市場は大きく進化しました。

米国株式市場は、取引手数料の値下げから透明性や安定性の向上まで、様々な手段を講じることで改善されてきました。規制上の目的から、競争とイノベーションが促進され、個人投資家と機関投資家のいずれもかつてない成果をあげています。

その恩恵は計り知れません。

米国株式市場は世界の羨望の的であり、ここでは大小の企業が資本を調達し、投資家がこれらの企業の成長と成功に参加し、金融機関が個人の代わりに退職金や教育を目的とする貯蓄に投資しています。

The U.S. Equities Market Evolution

1970年代から2000年代初頭までに、規制当局は取引所及び多種多様な新しい電子プラットフォーム間での競争を推進するため、一連のルールを導入しました。ここには、ブローカーディーラーが運用する代替のトレーディング・システムやプラットフォームも含まれます。

ブローカーは、最良の執行ができるソース(それがNYSEやNasdaqのような登録取引所であろうと、代替のプラットフォームであろうと)に顧客の注文をルーティングすることを法的に義務付けられています。これらの取引所は、より優れたプライシング、サービス、パフォーマンスに基づき、ビジネスを革新し、競わなければなりません。

こうした最良の執行への競争は、すべての投資家に恩恵をもたらします。

米国株式のトレーディング・コストは、欧州、日本、中国の株式市場を下回っています。これは一部には、取引所、マーケットメイカー、他のプラットフォームが最低価格で最高のサービスを提供しようと競い合っている結果です。

これはまた、過去20年間に及ぶビッド・アスク・スプレッド、つまり株式の買値と売値の利用可能な最良価格の差の劇的な縮小を反映するものでもあります。スプレッドが拡大すると、取引執行の責任を負う事業体の利益が増加します。スプレッドが縮小すると、投資家の取引が有利になります。

取引所、マーケットメイカー、他のプラットフォームは、スプレッドを縮小させることで、取引を引き寄せようと競っています。

透明性が確信を生み、投資家が価格により強固な確信を置くことができると、スプレッドは縮小傾向(トレーディング・コストが低下)となり、市場はより安定します。過去20年間の米国株式市場は、こうした状況でした。

米国株式市場の基本的な特徴の一つは、公募価格の確固たる開示プロセスがあることです。これは市場の電子的進化の成果です。市場参加者はリアルタイムで株式価格を参照することができます。また、注文が執行される場所を問わず、統合テープを通して、取引前の気配値と取引後の執行データを即座に確認できます。

ブローカーやその他の事業体も、証券取引委員会規則605条と606条により、月次ベースで、執行の質を詳細に開示することが義務付けられています。

マーケットメイカーを含む様々な業界の参加者が多額の投資を行った後、株式市場のデジタル進化によって取引規模が拡大し、ビッド・アスク・スプレッド(株式の買値と売値の利用可能な最良価格の差)が縮小しました。

結果として、市場は厚みを増しました。つまり、証券価格に大きな影響を与えることなく、比較的大口の取引を吸収できるのです。

市場のレジリエンスは、世界的なパンデミックが始まった2020年3月に、いかんなく発揮されました。他の市場は取引量急増の圧力の下で停止しましたが、米国株式市場は厚みのある流動性を維持し、狙い通りに機能しました。

米国株式市場は特に個人投資家に良く機能しています。

マーケットメイカーは、有利な執行の提供によって、チャールズ・シュワブ、フィデリティ、ロビンフッド、TDアメリトレードといった個人向けブローカーからの注文を獲得しようと競っています。彼らは、取引所に上場された全米最良気配(NBBO)に一致するか、それよりも有利な価格で、注文を執行できます。昨年だけで、マーケットメイカーは、個人投資家に30億ドル以上の価格改善を提供しました。1

最近の分析では、規制上の開示にはすべての注文タイプと規模を含んでいるわけではなく、公的に報告された価格改善は過小表示されている可能性があると示唆しています。結果として、価格改善は、現在公的な記録で示されている額の2~3倍になる可能性があります。

個人投資家は、流動性が強化されたこと、つまり証券や資産が市場価格に大きな影響を与えずに簡単に売買できることから、大きな恩恵を受けます。マーケットメイカーが注文を執行することでその恩恵を受けるのです。加えて、これらの注文をマーケットメイカーにルーティングすることで、ブローカーは、個人投資家の取引所手数料(取引所が自らの取引所で取引をする投資家に請求)のコスト削減を可能にします。

1シタデル・セキュリティーズの605データを分析

Frequently Asked Questions

一般

シタデル・セキュリティーズ

Price Improvement Has Dramatically Increased

マーケットメイカーが取引所で利用可能な最良の価格(全米最良気配(NBBO)としても知られる)を上回る場合、価格改善を提供します。価格改善はマーケットメイカー間の激しい競争により、近年急激に増加しており、個人投資家にとって意味のあるコスト削減につながっています。

Market makers now deliver billions of dollars in price improvement to retail investors each year. Last year alone, market makers delivered more than $3 billion in price improvement to retail investors in the equities market.5

5 Citadel Securities’ analysis of 605 data.

Price improvement amounts to a significant savings on a per ticket, or per order, basis and Citadel Securities leads the industry in delivering it.

Citadel Securities’ Recommendations

シタデル・セキュリティーズでは、米国金融市場の効率性と安定性に強い関心を持っています。今日、米国のキャピタルマーケットは投資家にとってかつてなく有利な環境を提供しています。当社は、競争力、透明性、レジリエンシーを強化するための諸制度の導入を一貫して提唱してきたことを誇りに思います。

 

米国証券取引委員会が金融市場の規制を見直すにあたり、当社では米国のキャピタルマーケットが持つ世界で最も強力なポジションをさらに強化することが可能であり、そうすべきだと考えています。

 

当社では、以下の重要な市場における競争力、透明性、レジリエンシーを強化するために、具体的な政策提言を行いました。

競争力を強化するために:

  1. 適切な場合は最小呼び値単位を1/2セントまで引き下げることで、取引所での取引を増やし、価格の適正化を図る
  2. 適切な場合は現行の利用手数料の上限を50%引き下げることで、取引所での取引を増やし、取引コストを下げる
  3. ダークプールに対する公平なアクセスと公開表示の要件を強化することで、競争力のある市場を公平化する

透明性を高めるために:

  1. 最近更新された規則に基づき公開された規則606条の関連報告を十分にレビューすることで、ペイメント・フォー・オーダーフロー(PFOF)の取り決めに関する効果的な透明性を実現する
  2. 注文の規模を考慮することも含め、金融情報フォーラムによる推奨事項を導入することで、規則605条を近代化し、価格改善に関する精緻かつ詳細な統計を提供する

レジリエンシーを高めるために:

  1. T+1決算への移行に向けた業界全体の取り組みを支援、監督することで、資本及び運営上の効率を向上させる
  2. CCPマージン要件に関して、市場参加者に対する透明性と予測可能性を向上させる

透明性を強化するために:

  1. リアルタイムの公開報告を実現することで、透明性、公平性、競争力を強化する
  2. 規制当局に報告される米国債市場のデータの品質及び適時性を向上させる取り組みを支援する
  3. 未決済の二者間レポ取引についてのデータを収集する

レジリエンシーを高めるために:

  1. 流通キャッシュ市場での取引及び米国債券の二者間レポ取引における取引活動の中央精算機関への移行を促進することで、市場のレジリエンシーと効率性を高める
  2. 規制ATS提案を最終決定し、RFQ機能を提供する多国間施設を対象に含めることで、多国間取引施設に対する適切な監督業務を実行する

競争力を強化するために:

  1. SB-SEF規則を最終決定し、すべての市場参加者に公平なアクセスを認め、取引後における名称開示の禁止することで、透明性、公平性、競争力を強化する

透明性を高めるために:

  1. ブロック取引のしきい値を設定し、公開報告の遅延に関する24時間以後の規定を削除することで、透明性を高める

レジリエンシーを高めるために:

  1. CFTC及びEU基準に合致した、ストレート・スルー・プロセッシング規則を導入する
  2. シングルネームCDSに対する清算要件を導入する
  3. 未清算のディーラー間取引に対する初回マージン要件の適用除外を廃止する
  4. 公開報告、清算、取引に関する要件に関して、米国との関連性が強いオフショア取引に対する適切な監視を徹底する

Citadel Securities’ Recommendations

本サイトの情報は、シタデル・セキュリティーズ・アメリカズLLC(「シタデル・セキュリティーズ」)が提供しています。この情報は、お客様の個人的、非営利目的の使用のみを意図しており、税務、法律、投資に関する助言を提供することは意図しておらず、シタデル・セキュリティーズ又は第三者による証券の募集、購入の勧誘、又は提案と見なされるべきではありません。

本ウェブサイトは他のウェブサイトのリンクを含んでいます。シタデル・セキュリティーズは、第三者のウェブサイトについて推奨も関連もしておらず、シタデルがリンクを提供しているいずれのウェブサイトのオーナーもシタデル・セキュリティーズを推奨していません。

CITADEL SECURITIES®及びCITADEL®はCE TM Holdings LLCの登録サービスマークです。その他の会社名、商標、又はサービスマークは各所有者の財産です。

日本語 ▾