Stu Feldman

Stu Feldmanは、エンジニア及びテクノロジーの分野でのリーダーとして40年以上の経験を有します。Feldmanは、UNIXオペレーティングシステムの開発において重要な役割を果たし、その中での顕著な業績として、最初のFortran 77コンパイラの開発及びUNIXシステム上でのコンピュータプログラムのコンパイル、管理及びインストールのプロセスを自動化する画期的なツールである「Make」の作成があります。

現在、Feldmanは慈善事業に係る主要なイニシアチブであるSchmidt FuturesのChief Scientistを務めています。Schmidt Futuresへの参画以前は、GoogleにおいてVice President of Engineeringとしてニューヨークのエンジニアリング・チームを指揮するとともに、米州東部地域及びアジア地域の各チームのエンジニアリング業務を統括していました。それ以前は、IBMでコンピューター・サイエンスに係る研究及びインターネットに関する戦略を統括する上級職を歴任し、その間Institute for Advanced Commerceを設立しました。Feldmanは、その科学分野でのキャリアをベル研究所及びベルコアでスタートさせました。

また、Feldmanは、Center for Minorities and Disabled in ITの理事長のほか、複数の大学諮問委員会及び学術団体の委員も務めています。また、IEEE、ACM及びAASのフェローでもあります。さらに、Feldmanは、アメリカ計算機学会(ACM)の元代表及びAssociation to Advance Collegiate Schools of Business(AACSB)の元取締役でもあります。

Feldmanは、プリンストン大学で学士号を取得し、MITで博士号を取得しており、専門は天体物理学及び数学です。また、カナダのウォータールー大学及びイスラエルのテクニオンから名誉博士号を授与されています。

日本語 ▾