CAREER ADVICE

トレーダーに聞く:金融市場の構造

August 28, 2018

シタデル・セキュリティーズでは、トレーダー能力開発プログラム「The 110」の一環として、会社のプライベートFacebookグループである「Office Hours」に参加する現役トレーダーへの質問の場を提供しています。  その質問と回答を本サイトでも公開します。今月は、金融市場の構造に関するトピックを取り上げます。毎月、様々なテーマに関する質問を取り上げていきます。来月もご期待ください。

市場が適切に機能するために、マーケットメイカーが担う役割を教えてください。

マーケットメイカーは、取引市場の中心で買い手と売り手の間に立って取引の成立を促し、市場に流動性をもたらして円滑に機能させる役割を担います。シタデル・セキュリティーズのDonnie Phillipsが、市場の発展とマーケットメイカーの役割、マーケットメイカーが実体経済に与える影響について、動画で解説しています。ぜひご覧ください。

資産クラスや地域による市場構造の違いを教えてください。

市場の基本的な機能は売り手と買い手を引き合わせることであり、それはどの場合も変わりません。市場の組織構造という点では、株式、債券、外為、デリバティブの各市場でかなりの違いがあり、また国によっても異なります。

各市場で異なる点は、次の通りです。

  • 「価格発見機能」や「流動性発見機能」
  • 取引施設の種類
  • 透明性の水準
  • 取引参加手段
  • 清算及び決済システムの利用状況

こうした違いは、市場参加者の数やタイプといった特定の市場の特徴を直接反映している場合もありますが、単に過去の慣行が原因であったり、近代化を目的としたインフラ整備の結果として生じたりする場合があります。

シタデル・セキュリティーズは、市場構造の変革を推進する機会を常に模索しています。こうした異なる市場のすべてが、公平で開かれたものであり、透明性が高く、競争力のあるものであるべきです。

こうした共通点と相違点は、金融市場に情熱を抱く学生の皆さんにとって刺激となり、そこから多くを学べるでしょう。そしてそれは、必ず将来のキャリアにつながります。

マーケットメイカーと取引所の協力関係について教えてください。

マーケットメイカーと取引所との間には緊密なつながりがあります。たとえば、シタデル・セキュリティーズはニューヨーク証券取引所(NYSE)の指定マーケットメイカーとして、1,400を超える銘柄の取引を支えています。取引所は指定マーケットメイカーに対して、流動性の提供、ボラティリティの緩和、上場企業支援などの義務を課すのが通例です。取引所はそれらの義務について定期的なモニタリングと見直しを行いますが、その際には、マーケットメイカーからのフィードバックや助言が重要な役割を果たします。さらに広い視点では、マーケットメイカーと取引所は、十分な流動性を安定的にキャピタルマーケットに供給するために、密接に協力していると言えます。

当社のトレーダーに聞いてみたいことがある方は、Facebookから質問してみてください。

「The 110」に関心をお持ちの方は こちらをご覧ください。学習コース、各部署での勤務体験、ケーススタディ、メンタリングなど、カスタマイズされたプログラムを通じて次世代の最優秀トレーダーの一員に加わる方法を紹介しています。